スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

来年から本気だす!!w

動画編集ソフト制作ですが、ちょっと難しいところに入ってきました。
エフェクトファイルのプロパティーを定義するクラスライブラリを作りたいのですが、アイディアが浮かびません。

一応前回のクリップ操作の部分は大体出来るようににはなったんですけどね。
選択(集団選択も)してコピー、貼り付け、削除、移動、サイズ変更等。
貼り付け前にはちゃんとマウスの先に合わせて位置も表示されます。

それと、見た目もモダンな感じに変えてみました。



まあ・・・1ヶ月ほど調べものをして知識欲は満たされたので、そろそろ全自動引きこもり機の製作に戻ろうと思います。

ですが、冬休みはレポートが2本あったり、年末年始の行事もあるのでほとんど何もできそうもないです。

というわけで・・・来年から本気だす!!w

本気・・・出せるかなー(´・ω・`)



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

スポンサーサイト

京都と奈良に行ってきた(4回目)

お久しぶりです、前回から大分空いてしましました(汗)

ここ数日色々していまして、昨日は高専のときの相方と2人で奈良と京都へ観光へ行ってきました。

東大寺
門からしてとにかく大きかったですね。
仁王像も木でできていましたが、今作ったら才能の無駄遣い扱いは間違いないレベルでした。


人の大きさからでかさがわかるかと
クレーンのない時代にどうやって作ったのだろうか・・・


大仏様
確か土に金属を流しこんで鋳造で作られたものだったと思います。
冷ますのにも凄い時間がかかったんだろうなー



三十三間堂
全長140メートルの本殿の中に縦5×横200体の千手観音が所狭しと並んでいました。
どうしたらあんなに沢山作る気になるのだろうか・・・w 圧巻としかいえなかったです(内部撮影禁止)
詳細は書けませんが突っ込みどころ満載で楽しかったですね(^ω^)


清水寺
道中茶わん坂という陶器専門店が並ぶ坂があって、そこで箸や茶碗をみて回りました。


胎内めぐり
真っ暗な中を手すりだけを頼りに進むんだのですが、ディズニーランドのアトラクションみたいで面白かったですw


舞台からの風景
また紅葉の時に来てみたいですね。



これぞ清水の舞台!


舞台下
大きくて収まりませんでした。


夕食はアニメけいおん!の聖地でもある”さらさ西陣”という喫茶店でとりました。
街から離れた所にある地元民向けのお店なので価格も手ごろ、それなりにおいしかったです。
食後のパフェ



その後は将軍塚に上って京都の夜景を見ました。
日本100景にも入っているスポットです。


最後に京都駅
馬鹿でかいクリスマスツリーがありました。

手前の人たちは全員カップルです。
ツリーよりもこっちの方が印象にのこったかなw

その後は京都駅最上階のスカイ・ウェイから京都を見渡してみたり、
まあ適当に喋くりながらイオンで家具とか服とかみたりして、帰りました。

実は京都に行くのは4回目で今回回った寺は全部2回目か3回目だったりします。
でも今回はレンタカーを運転したり、相方と色々会話できたり特典が多かったので楽しかったですっ

来年はロンドンかな~なんて話もしましたがw
いやぁいけるものなら海外行ってみたいですね^^x






にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

エクスプローラと同じ操作感を目指して-動画編集ソフト制作-

普段私達がつかっているパソコンのファイル操作画面
選択とかコピー、貼り付け、削除等色々できますよね


これ、Windowsの場合はエクスプローラって名前がついてるんです。

で皆さんはこのエクスプローラに親しんでいると思われるので(私も使い易いですし)、タイムライン上でのクリップの操作もエクスプローラと同じにしようと考えています。

昨日今日で作ったのが、ドラッグとその領域の表示と


複数選択です


この調子でコピー等できるようにしていこうと思っています。

そうそう、見た通りなのですがクリップの見た目も立体的にしてみましたよ^^
見た目を綺麗にするだけでもソフトのイメージって結構良くなると思うんですね。
ビジュアルにもこだわっていきたいところです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

動画編集ソフト制作途中報告

タイムラインのグラフィックがだんだんできてきました。


機能の説明をすると

クリップのD&Dでの追加


無制限に好きな位置に映像を追加できます
ドラッグ中は追加位置に影が表示されます


クリップの変形




マウス操作で移動、拡大縮小ができます
また、クリップを右クリックするとエフェクト一覧がでてきて選択できるようにする予定です


クリップの合体


クリップを重ねると、重なった部分が交わったような見た目になります
そしてその上に四角形が表示されます
この四角形を右クリックすると切替エフェクト一覧がでてきて選択できるようにする予定です

この交わる部分の表現方法を考えるのに4日かかってしましました。
とりあえずしばらくははこんな感じで行こうと思います^^

話は変わりますが
ブログやTwitterなど色々お世話になっているアシッドさんが電子工作関連用品のプレゼントをやっています
電子工作関連からロボットまで総額十数万円のなかなかのラインナップです



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

100万再生ありがとうございます!

少しおくれての告知になってしまいましたが

私の動画「全力でスイッチをONするとOFFするロボットをいじめてみた」
100万再生を達成しました!
ありがとうございます!感謝感謝です^^x



Youtubeと合わせると400万再生ですw
特に自分で何かしたわけではないので驚愕するしかないですねwww

自作の「2nd Edition」ですが、動画編集ソフトを作り始めたのでその分遅れることになります。
沢山のエールを頂いている中、勝手な方向に走ってしまって申し訳ないです。
動画編集ソフトは薄くやりつつ「2nd Edition」の製作を進められたらと思っています。

そもそも趣味なので好きにやればいいと思うのですが、皆さんに見ていただくために「作るよ!」と宣言している以上、必ず完成させます。
というか私のプライドが完成しないことを許しませんw

しかし、いつできるかということは自分でもわからないので、その辺は気長に待って頂けたら幸いです。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

動画編集ソフト製作進捗状況

映像を表示するためにOpenGLを導入しました。

2Dに限らず、3Dも扱えるので2D・3Dテキストが表示できます。

GLSharpサンプルプログラムより

こんな3Dモデルも

GLSharpサンプルプログラムより

マウスでドラックするとぐるぐる回転します。

前回紹介したOpenCVで作成した画像をこれで表示するには
OpenGLでメッシュを作成してそれにテクスチャとしてその画像を貼ればおkです。

ソフト製作の進行状況ですが、タイムラインの概観とプレビュー画面の表示、OpenCV、OpenGLの導入までできました。



見ての通りタイムラインは画面いっぱいに表示できます。
そのせいで当初予定していたアイテムを置いておくウィンドウ(アイテムウィンドウ)が無くなってしまったのですが・・・
正直、ファイルを直接タイムラインにD&Dすれば良いと思うんですよね。

そもそも動画を作るときって、素材をフォルダで整理するのでエクスプローラがアイテムウィンドウ代わりになると思うのです。
その辺の皆さんの意見をききたいですっ

エクスプローラをアイテムウィンドウ代わりに使ったイメージ



後は音声をいじれるOpenALというライブラリを導入したら、外部ライブラリの導入は一通り終了です。
そしたら、本格的にソフトのシステムや概観を作る作業に入れそうです。

それと、来週の金曜に大きな課題の締め切りがあるのでそれが終わるまでは作業中断せざるを得なくなりそうです。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

OpenCVの導入

前回は映像を表示するために使う環境について考察しました。
しかし、表示する前に映像を読み込まなければなりません。

様々なライブラリがありますが、読み込んだ後に映像を分割したり、サイズ変更したりなどの処理を加えられると理想的です。

色々探しましたが、私としてはOpenCVが使えそうだなと感じました。
OpenCVは画像処理を行うライブラリとして有名で、高専の時も授業で扱った経験があります。

画像、ビデオを問わず様々なコーデックを扱うことが出来るほか、
基本的な画像処理から、背景から人物を抽出するクロマキー、ARtoolKitのようなマッチムーブなどなど様々なことができます。

その上、書籍やWEBの情報も豊富なのでやり易いです。
あとクロスプラットフォームだったりもします。

さっそく動画を読み込んでグレースケールに変換するなどして、遊んでいますw


これはフルHDの動画から逐次フレームを取り出し、縮小してグレースケールに変換し、PictureBox上に30Fpsで描画しています。

CPU使用率は10%程度。変なプログラムを書くとメモリエラーがおきるのでタスクマネージャーでメモリ使用率を観察しながら作っています。

表示をPictureBoxでなくOpenGLにすれば、処理速度は早くなるのでしょうか。
どちらにせよOpenGL無しでは、できない処理が沢山ありそうなのでOpenGLの導入を検討しています。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

OpenGLとDirectXについて考えてみる

動画編集ソフトを作るにあたって一番大切なのは、映像を扱うのでグラフィックの処理です。

画面にグラフィックを描画するには様々な方法があります。

□PictureBox

一番簡単なのがペイントの画面などに使われているPictureBox、写真を表示して移動させたり、拡大縮小したり出来ます。
しかし、描画速度が遅いので静止画を連続で表示してアニメーションをさせようとすると、カクカクしたりCPUに負荷がかかったりしてしまいます。
これはPictureBoxの処理が様々なライブラリを経由して行われているためです。


□OpenGL

より高速化をするには処理をよりハードウェア(CPUやGPU)に近づける必要があります。
そこで使えるのがOpenGL、グラフィックを扱うのに特化したライブラリで3Dも扱えます。
ハードウェアに近いので記述が細かくなりやや難しいですが、拡張性があり様々なことができます。
また、クロスプラットフォーム(様々なOSで動作する)なので、グラフィックで現在最もメジャーなライブラリで、携帯電話や家電にも使われています。たしかPS3にも使われていたと思います。
AfterEffectsやNiveのような動画編集ソフトにも使われています。
書籍や情報が豊富なので私もこれを使おうと思っています。

□DirectX

もう1つ忘れてはいけないのがDirectXです。
これもOpenGL同様ハードウェアに近くグラフィックに特化していますが、Microsoftが作っているWindows専用のライブラリです。
Windowsの場合はOpenGLよりも処理が高速という利点があります。
実際に私はまだ試していませんが、Microsoftが強く推奨しているところからみると、そう考えるのが妥当でしょう。
WindowsMovieMakerもDirectXを使っていますが、わりと軽快に動く印象を受けます。

パソコン以外にXbox 360などに使われているそうです。

□考察
OpenGLは拡張性が高く、情報も多いですし、AfterEffectsにも採用されてることから考えると、とりあえずそっちを使った方がよさそうです。
ぶっちゃけ速度の問題はグラフィックボートとの愛称もあるので、そこで比較しても仕方がない気がします。
実際に検証してみて明らかに動作が重ければDirectXにしようと思います。
つまり実際に触ってみないとなんともいえませんねーw

□WPF
グラフィック関連でもう1つ。
最近はWindowsVistaや7の登場によるGUIの進歩に従い、GPU(グラフィック専用のCPU)の性能が向上しています。
そこでアプリケーションのボタンのようなコントロールもGPUで描画してしまおうと登場したのが、WPF(Windows Presentation Foundation)です。
WPFを使うと7のガジェットやMediaPlayerのようなお洒落なアプリケーションを作れます。

Windows Media Player 

ただ、GPUを使うので少し古いPCには向かないようです。あと少し難しくてとっつき難いのでまだまだメジャーにはなっていません。
Expression Blendと一緒に使うとかなり色々なことができそうです。

んで、これの上でOpenGLを使ったらどうなるのかなーって思いました。
GPUをバリバリに活用したアプリケーションになりますよねw
GPUがどれだけ使えるものなのか分かりませんが、実際にWPFとフォームアプリケーションでソフトを作って性能比較試験をしてみようと思っています。

とりあえずGPUが得意な処理はGPUに、CPUが得意な処理はCPUに、上手く回して高速なソフトを作りたいです。




にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

動画製作が楽しくなりそうなソフトを作る「構想1」

さっそく学校の休み時間に画面のデザインをしてみました。

汚くてみにくいのですが、こんな感じです。


まず、画像や動画、音声といった必要なアイテムをアイテム領域にD&Dします。
すると種類ごとに各タブにアイテムが振り分けられます。

動画を作るにはそこから使うアイテムをタイムライン(図ではパレットと表記)にD&Dします。

一般的な動画編集ソフトはタイムラインのアイテムが縦に整列することが原則だったり

NicoVisualEffects mes様


横に整列することが原則だったりしますが

WindowsMovieMaker Microsoft

このソフトには特に制限はありません。
本当に好きな位置に配置できます。アイテム同士を被せたってかまいません。
私はこの自由なパレットのようなタイムラインがユーザーの創造力を刺激するのではないかと思っています。
別にライン作るのが面倒だったとか手抜きとかじゃないですよwww

ここでパレット上のアイテムをクリップと呼ぶことにします。

パレットのルール
1. 横方向は右を正とした時間軸
2. 縦方向は上を上位とした表示優先度
3. アイテムが被った部分は切替効果が挿入できる

の3つです。

そして、クリップ自体をダブルクリックすることで(ビュワー上での)画像の位置やエフェクトを設定できます。
設定した部分にはエディットポイントが追加されます。


エディットポイント間は線形補完されます。
これは王道ですね。

さらにエディットポイントをダブルクリックするとベジエ補完曲線が表示されます。
これで一個前のポイントからそのポイントまでの値の変化速度を設定できます。

後はブラーやグローのような一般的に良く使われているエフェクトを作って、これもまたクリップにD&Dすることで使えるようにすれば動画編集ソフトとして不足はないと思います。

パレット自体をマウスでスナップするとiPadみたいに余韻の残るスライドをしたら面白そうですね。
あとクリップをカラフルにしてみたり、音をつけてみたりっ
その辺を詰めて楽しさ満載のソフトにしたいです。

グラフィカルな主な機能については以上です。

消化しなければならない学校の課題などがあるので製作はぽちぽちですね。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

動画編集ソフトを作ろうと思います

皆さんお久しぶりです。

一週間近く更新していませんでしたが、あることをしていました。

実は動画製作ソフトを作り始めてしまいました(汗)

動画製作をしていたはずなんですけどねw
やりたくなってしまったからしかたがない!と言い訳しておきますw

それで一週間かけてできたのがこんなソフト

WindowsMovieMaker(WMM)とほとんど同じ外見、というか操作感も同じです。
D&Dでのアイテムの読み込み。
D&Dでのタイムラインに追加。
WMMと違うところはレイヤーがあるということろで、同時に2つ以上の映像を扱えます。
(※作ったのはまだ概観と操作だけ)
個人的にはWMMの操作感が好きだったので、それにプラスαのものを作りたかったのですが、プラスαの部分を上手く表現できないので行き詰ってしまいました。

それに、正直まともにソフト開発をしたのは今回始めてだったので、かなり反省点があります。
そしてそれ以上に製作中に浮かんでくるアイディアで仕様変更が多数発生し、頭の中のものが上のものとは似ても似つかないようなものになってしまったので、もう一回初めから作り直そうと思っています。
この一週間オブジェクト指向プログラミングの良い練習になったと思います。


コンセプトは『動画製作が楽しくなる』です。
クリエイティビティをそこならないように非常に操作が感覚的で動作が軽快なものを目指しています。

操作を感覚的にするためにUIにとことんこだわろうと思います。
実際浮かんでるアイディアはほとんどUIに関するものなので、本当にそこに重点を置いた開発になると思います。

動作を軽くするためにグラフィックのエンジンはCPU、GPUのパワーを効率よく発揮できるDirectXを使おうと思います。
なので配布するかどうかわかりませんが、もしするとしたらWindowsユーザ限定です。

動画製作者が作る動画編集ソフト、どんな感じになるのか自分でも楽しみw



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。