スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

ピアノの調律したよ~(´・ω・`)

我が家のYAMAHAのアップライトピアノ
演奏していてかなり違和感を感じるようになってきたので調律をしました


以前父が買った調律セット

ハンマーみたいなのが「チューニングハンマー」
赤いフェルトが「ロングミュート」
黒いゴムが「ラバーミュート」
木の棒が「ウッドスティック ミュートアップ」
黒い四角いのが「チューナー」

ピアノを開きます


本来はこれで調律できますが
せっかくなので
もう少し展開


鍵盤からハンマーまでの動きが見て取れます

アップライトピアノはグランドピアノと違って
弦が短くて音量が確保できません
そのため高音では一音に対して3本もの弦があります
低音 1本

高音 3本


先ず3本のうち中央の弦だけを調律するために
ロングミュートで中央以外をミュートします



高音はロングミュートが入らないので
ラバーミュートやウッドスティックを使います


そしたらチューナで音を見ながら
ハンマーで弦の張りを調節します

この辺はギターと同じです

画像はちょっと低いですね
弦を貼ることで音は高くなりますが
この大きさでの調整は不可能なので
こういうときは一度弦を緩めて貼る緩めて貼るを繰り返して
ちょうど良くなるところを探します
弦が硬くてヒステリシスがあるので慣れないうちは結構難しいです


中央の弦の調律が終わったら
左右の弦を調律します
今度はチューナーを使いません
3本の音が揃うように頑張ります
自分の耳だけが頼りなのでこの作業が一番難しいです
実際ピタッと合うと合わないとでは全然違うので素人でも聞き分けは可能です
思うようになるまで緩めて貼る緩めて貼るを繰り返すのがなかなか大変です
まあ弾くのは自分ですしwうんまあこれでいいしょ?wってところで私はおkにしましたw


全部終わったら次に和音をチェックします
全部の音がチューナ通りに綺麗にそろっていても
和音では不自然に感じる場所があります
ずれていたらまた中央→左右で調律し直しです


最後に適当な曲を演奏してチェックします


よく人間の耳は高音が実際より少し低く聞こえるといいますが
和音や演奏の調整でそれに気づくことができます
チューナーではピッタリなのになにか気持ちが悪い
そういう部分は少し高めに調律することで解決できました


初めてでしたが3時間程度で終わりました
もちろん調律師の方はもっと早いですし
本当に耳がよくてこだわる人は丸一日使うそうです
いやはや凄いです





にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。