スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

スイッチをONするとOFFするロボットを解説してみた-Japanese-

If you're not Japanese, please read the English language article.

この記事は以下の動画に登場するロボットを解説するものです。
全力でスイッチをONするとOFFするロボットをいじめてみた

ロボットに関する質問は受付けますが、誹謗中傷に関しては一切受け付けません。

1.経緯
以下の動画を2年ほど前に見て、先日たまたまもう一度見ることになったのがきっかけです。
この動画は非常に面白い!と思いましたが、それ故に無音という演出がもったいないと思い、音楽を付けてみたくなり、臨場感あふれるマトリックスの戦闘BGMを使うことにしました。

このBGMはアノマロ氏が作成した以下の動画で3年ほど前に知りました。

これには非常に笑わせてもらいましたねw
ミク一人に対して数えられないほどの変態スミス達が必死になっている光景が非常に滑稽です。
コメント職人もGOOD!JOB!でした。

また、この手のONOFFロボットは非常に昔から作られていて、どれが元ネタなのかわからないくらいYoutubeにも沢山の動画があります。
これだけの人が取り組んでいるのだから私も作りたいと思ったことも一因です。

2.エレキ
材料は以下の通りです。

全て秋月電子通商で買いました。

回路図は以下の通りです。

Ser:サーボモータ
M:DCモータ
TA8428K:モータドライバ
TA4805S:三端子レギュレータ
16F88:CPU

完成品は以下の通りです。


本当に最低限の構成であるため、この回路にはいくつかの問題点があります。

最も酷い問題は、制御系と駆動系の電源が一緒になっているため、全ての駆動系(サーボモータとモータ)を同時に動かすと制御系(CPU)への電流が不安定になって動作不能になることです。
そのためロボット走行時はサーボの端子を抜いて撮影をしました。
CPUの電源に大きなキャパシタンスを付けるか、駆動系に別の電源を付けるかで問題は解決できますが、材料がありませんでしたw

※いい加減な回路です。同じものを作っても動作する保障はありません。

ちなみにスイッチは電源スイッチではありません。
私は一度も電源スイッチとは言っていませんので、嘘はついていませんよ^^x

3.ソフト
スイッチが入ったらLEDを点灯し、サーボ1で蓋を開け、サーボ2でスイッチを切り、その後逆の動作をします。

カメラワークや動作を換える度にソフトを書き換えています。
私はカメラを一台しか持っていないので、編集の都合上それがベストでした。
もちろんソフト次第で動画の一連の動作を行うことは可能です。

それと、DCモータはPWM制御で出力を30-50%くらいに抑えています。
そうしないとモータやドライバが焼けてしまうからです。
やろうと思えば動画の2倍くらいの速さで数十秒は走ったり回ったり荒ぶることができます。

4.メカ
動画を作るために作ったロボットなので、見た目と動画編集に一番力を入れました。
一番といいつつも全て100円ショップで揃えましたがw

こちらはAmazonで購入しました。


設計図を描かなかったため、その場その場で試行錯誤しながら製作をしました。

 発泡スチロールで土台を作り、

 回路を載せ、

タイヤを隠すために厚紙を貼ったり、

そのままだと不自然なため側面全部に厚紙を貼ったりしました。


蓋は初見の方にインパクトを与えるために切れ目を見えないようにしています。
のこぎりではなくカッターで地道に切りました。

位置の調節には地味に苦労しました。


スイッチを押すアームは発砲スチロールから切り出し、剛性と見た目の強化のために金色厚紙で包みました。
スチロールはカッターで加工ができ、木工用ボンドとも愛称がいいです。
これが一番安くて特別な道具も要らない簡単な方法でした。







 顔は透明フィルムに印刷し、シーン毎にセロハンテープで貼り替えています。

液晶でやれば完璧との意見がありましたが、STM32と液晶ディスプレイ、SDカード辺りを使えば割と安く作れます。実現はやる気と根気次第です。

完成品は以下の通りです。




最後のスイッチが引っ込むシーンは手動です。
スイッチに紐を付けて真下の穴を通し、カメラの撮影範囲にギリギリ入らないようにロボットの後ろから引っ張りました。




5.撮影
動画ではカメラが何台もあるように見えますが、撮影に使ったのは一台です。そのため、違うアングルから何度も同じ動作を撮りました。

暴走するシーンは落下物に備えて、机の下に布団を敷きました。




動画編集にはMicrosoftのWindows Movie Maker 2.6、エンコードには窓屋氏のつんでれんこを使用しました。


6.最後に
みなさんの支援のお陰で投稿から一週間でニコニコ動画で50万再生、Youtubeで100万再生、その他動画サイトでも話題になり、その中でニコニコ動画カテゴリ合算デイリーランキング一位、Youtube技術カテゴリ一位という私としては快挙を成し遂げることになりました。そして読みきれない程のコメントに感激するばかりです。自分の生活があるので一度に全てとはいきませんが、特にYoutubeに寄せられたコメントは少しずつ読んでいけたらと思います。
いつか自分の動画が世界にも評価される時を夢見て4年前から動画製作に取り組んできましたが、まさかこのタイミングでこの動画でこんなサプライズが起きるとは・・・
自分の夢が達成される時なんて人生そう沢山ありません。いつもは動画を作ったら次の動画製作にさっさと取り組む所ですが、もう少し余韻を味わおうと思います。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。