スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

全自動引きこもり機3rd Editionデザイン完成

前回ラフ絵だった引きこもり機のデザインが完成しました。
まずは箱の状態



一・二作目と同様に箱にトグルスイッチがついただけというシンプルなデザインです。
そしてトランスフォーム後



ヒューマノイド型です。(引きこもりのわりには)堂々としています。
トグルスイッチは収納され、かわりに胸に押しボタンスイッチがついています。
変形後はこのボタンを守るため(とも限りませんが)、両腕のドリルやハンドを使って攻防を繰り広げます。
ドリルやハンドは大きいので変形前は腕の中に収納されています。
肘から先が腕ごと回転します。ドリルだけまわるよりその方がダイナミックでかっこいいです。
背中にはウィングが、動力はジェットエンジンです。
流石に実際に動作はしませんが、吸気口と排気口がついています。
ウィングとかアーマーとかついてますが、一応これらは変形前の外装です。
変形前と後で整合性がとれるかはちゃんと考えていないので、今後の課題になります。
全身に青いラインが入っていますが、これは青色LEDで光らせる予定です。
線をムラなく光らせるために、光ファイバーとかアクリル板を使おうと思っています。これも試行錯誤して考えていきたいです。
暗がりのシーンでは結構かっこいい感じになるとおもいます^^x
デザインはこんな感じです。
さてさて、これから作り始めるわけですが、まず部品が必要です。
とりあえず、間接を動かすためのサーボモータを20個買いました。

RDS3115 Metal gear digital servo Robot servo arduino servo for Robot diy 15kg/cm




少しサイズが大きいですが、トルクや強度等が優れている上に安いのでこれにしました。
20個の制御となると相当なリソースを食いそうです。
サーボモータはPWM制御で動かしますが、安価なマイコンを使った場合
各モータのPWMの処理が互いに影響して動作が不安定になると考えられます。
専用のハードウェアを作るもしくは買うか、この辺りも調べる必要がありそうです。
ボディはやや複雑な形状をしています。
ホームセンターの樹脂板を加工して作ることもできますが、図面の展開や材料の加工に時間がかかって敵わないので、今回は3Dプリンタを使おうと思っています。

Portabee 3D Printerは値段が安いですし、調整をしかっかりすれば、同じ価格帯のものの中では特に高い精度がでるとみています。
(さいあく部品は自分で作れるので、自作できないベアリングやモータ、回路さえ揃っていればオッケーです)


Portabee 3D Printer Kit (Unassembled Kit)



4月に購入予定です。
いまはメイカーズブームなんていわれてますが、僕もこの波に乗り遅れないように
3Dプリンタを使っておもしろいものを作っていきたいですねッ!

MAKERS―21世紀の産業革命が始まる




にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。