スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

掃除機

卓上工作機械に必要なのが削りくずを吸う掃除機。

どうしたら掃除機を作れるのか?

先日色々調べました。

その結果たどり着いた私の作りたい掃除機がこれ。




まず青い直方体の中に赤い点線のように穴を開けます。

これに緑の管を挿して、更に黒い直方体に差込ます。

黒い直方体は中身が空気だけの箱としましょう。

Q:青の直方体をAの矢印の方向に高速に回したらどうなるでしょうか?




A:赤い管の中の空気が遠心力で外に追いやられて、箱の中の空気が薄くなります(`・ω・´)たぶん・・・


後はこの箱にこんな感じに吸い込み口をつければ掃除機の完成!!




空気の流れは矢印Bみたいになると思います。

普通にファンを使えばいいと思う方もおおいのではないかと思うのですが、ファンだと箱の中の空気が薄くなると逆流してしまいます。




特にファンと穴の隙間からは空気が漏れ放題です。

恐らく今回考えたものならばファンよりは外から空気が逆流しにくいと思います。

そして穴を増やせば回転運動をフルに空気を押し出す力に変換できます。

おお、やべぇこれ特許とれるかも(笑

実は普通の掃除機はみんなこういう原理なんですけどね(笑

一般的な掃除機は縦向きに並んだ羽で空気を外に押し出すような仕組みになっているようです。




2年前に掃除機を分解してこれを発見して、今回の調査で確信しました。

後は逆流を防ぐ弁をつけたりすれば逆流対策は完璧かと。

ただこのままだと吸ったゴミがそのまま外にでてきまう気がするので、そのへんは空気の流れをうまくいじるような構造にして改善しよう

と思います。

う~ん、どうしようか・・・

ダイソンのサイクロン方式とか参考にすればフィルターなしでゴミを回収できるのですが、あれもいまいち理解できないのでう~ん。

う~~~~~~~~~ん。

誰かいい案をくださーいm(_ _)m



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。