スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

色々調べてみた。

私が液晶表示に使っているCPU"Cortex-M3"についてあまり深く調べていなかったので調べてみました。

まずCPUの名称は"STM32F103RBT6"です。

Cortex-M3シリーズの中でも最低限の機能を備えた小規模開発向けのCPUだそうです。

STM32ファミリの基本的なペリフェラルは以下のとおりです。



Fig.1

う~ん選り取り見取りって感じですねぇ~♪



Fig.2

Fig.2の赤い下線部を見るとMMC(SDカード)対応Fig.1を見るとそれが48MHzで動作すると書いてあります。

要するにFig.2の青い下線部のSPIを使わなくても普通に専用ポートにSDカードをつなげれば簡単にSDカードの読み書きができることを示しています。

しかし、私の使用しているCPUはFig.2のオレンジ色の用件を満たしていなかったので結局MMC(SDカード)専用ポートを使うことができませんでした。

なぜ買うときにここに気付かなかったのか・・・

そして、仕方が無いので青の下線部のSPI通信機能でSDカードと通信しようとして上手くいかないのが今の現状です。

SPI通信自体は信号の流れは理解していますし、実際にソフトウェア的に記述してやって液晶表示に成功しています。

ただ、ソフトウェアで記述した場合はSPI通信機能を使うよりもはるかにリソースを食うので液晶表示が遅すぎるという問題があります。

ソフトウェア的に記述するとI/Oは最高で1MHz程度しか速度がだせません。
ところがFig.1にあるようにSPI通信機能を使うと18MHzで動作します。

これはもうSPI通信機能を使う他はないでしょう。

というかもうこれを使うしかないのです。゚(゚´ω`゚)゚。

ちなみに”I/Oを使うと最高で1MHz”と先ほど書きましたが、Fig.2の緑の下線部には"最大12個のI/O"が最高72MHzで動作するバスにつながっていることがみて取れます。

これが、このCPUを買ってから今だなお解決されない謎です。

どうして最高72MHzで動作するバスにつながっているのに1MHz程度でしか動作しないのでしょうか?

ちなにみ1MHzというのは1つのピンのI/Oが単純に'0'と'1'だけを繰り返すプログラムで私がオシロで測定した結果であり、また液晶表示の遅さによって身にもって体験したものです。

正直これが解決してもっと速度が上がれば(20倍くらい)ソフトウェア的にSPIを記述しても十分な速度が得られます。

それに”最大12個”っていうのが気になります。

私のCPUには入出力ピンが40以上はあるのに、その中の12個ってことでしょうか?

謎です。ホントなんなんだ(;´д`)=3

こういうのを見ているとPICがいかに解り易くできているか良くわかりますよ。

あれは本当に見たまんまですから~

本当にデータシートのまま動いてくれます。

今のとこの解決策

1.I/Oポートが妙に鈍間な原因をさがせ!!

2.SPI通信機能を極めろ!!

のどちらかです。

どっちも解決できたらいいなぁ^^

ちなみにSPI通信機能でSDカードを扱えるみたいですね。



でもSDカードのCRCが7bitなのにこのCPUは8bitと16bitしか対応してないからダメとかどっかのサイトにかいてあったようなないような・・・

しかーし、じっさいに私と同じCPUでSPI通信機能を使ってSDカード操作をしていると見られる製品を発見しました。

この製品は回路図が公開されていて、それを見る限りSPI2ポートを使っているようです。

俺も今このポート使ってるんだけどなぁ・・・




とりあえず頑張ればなんとかなる!?みたいです。

頑張ってるけどね(´゚∀゚`;)

もっと頑張れと!?

まあ、適度にやろうとおもいま~す。

【組曲『七色のニコニコ動画流星群』を弾いてみた【ピアノ】 】


この人は相変わらずスゴイ・・・

曲を正確に覚えてるし、安定してるし、特に左手が正確に動くのが羨ましいです^^



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。