スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

マシンガン撮影カメラ製作記-CPLDライターの製作-

⊂二二( ^ω^)二⊃ぶーん

この動画に病みつきの回路師です。

さてさて

さっそく購入したCPLDライターでMAXII(CPLD)へ書き込みをしようとしたのですが、うまくいかず試行錯誤していました。


このライターを接続した際に、PCにLTP(プリンタポート)として認識されないと、書き込みソフト側でライターとして認識されないのですが、ただの”USB印刷ポート”としてしか認識されず。。。

どうやらちゃんとしたUSB-プリンタポート変換ケーブルが必要だということがわかったのですが、調べるうちにケーブルを買うよりもUSB接続型のCPLDライター(USB-Blaster)を自作した方が安いことが判明

純正のUSB-Blasterは数万円する代物ですが、自作すると400円程度で済む上に純正品に対して性能が劣らないという非常にすばらしい情報を発見

さっそくhshsしながら秋月に注文をかけて部品が到着


部品の配置


はんだ付け


完成


この空いているソケットにはPIC18F14k50というマイコンが入るのですが
そのライターがないので、PICkit2を購入
ライターのためのライターとかややこしいwww


組み立て


完成


PICkit2の書き込みソフトをインストールしてPIC18F14k50へデータを書き込み


書き込み成功


PIC18F14k50をセット
これにてCPLDライターは完成


さっそく動かしてみる
PCへ接続するとデバイスマネージャにUSB-Blasterの文字が


Alteta純正のドライバ(Quartusに同封されてるもの)をインストール


しばらく待つと・・・


キタ――(゚∀゚)――!!


完了と同時にLEDが点きます


USBデバイスを自作したのは今回が初なのでちょっと興奮しましたw

CPLDへ書き込みをするソフトQuartus側でもちゃんと表示されました
ちなみにQuartusIIのバージョンは10.0です最新版の11.1では何故か認識されませんでした


あとは実際にMAXII(CPLD)に書き込みができるか試さないとですね!





にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。