スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

新しい撮影技法の導入

前々から言っていた「新しい撮影技法」について
あの映画マトリックスの撮影技法を使いたいと考えています


ネオの周りをカメラが回っているのにも関わらず、スローモーション!?
一体どうなってるの!?って感じですw

名称はバレット・タイム(Bullet-time)
実はマトリックスよりも以前から使われています
マトリックスによって非常に有名になったそうです

どうやって撮影しているかというと120台のカメラを並べて連射するという
かなり原始的かつダイナミックな方法を使っています(以下動画)

今回はこれを使いたいなーっと思っていましてwwwww

でもカメラ120台なんて用意したら数百万円かかってしまいますよね?w
カメラ1台でなんとかならないかと考えましたがどう考えても無理だったので

カメラを自作することにしました

ケータイ電話に入っているカメラモジュールだったら一個300円
映像を記憶するためのRAMは一個150円
モジュールからでる信号でRAMを制御するため制御IC(T-FF、NAND、NOT)が100円
その他クリスタルや基板の値段を考えると一台600円程度で製作可能です(きっとw)

流石に120台も用意できないのでwwwここは20台としておきます

画像と画像の間がカクカクしてしまいますが
先の動画のようにモーフィングで補間できるので大丈夫だと思います

モーフィングはPopimsというソフト(無料)で可能です

実際にやってみました
使用したのは以下の2枚の画像



モーフィングをすると・・・

ってな感じで頑張れば結構ぬるぬる動いてくれます

とにかく問題はカメラが自作可能かということですね
ここをクリアできたらこのカメラ製作だけで一本動画がつくれるくらいのレベルだと思います

あれーww いつになったら全自動引きこもり機2nd Editionは完成するんだwwwww



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。