スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

2014年12月、動画で規約違反したことに関する説明と今後の活動について

去年の12月の中旬にMMDというツールを使った3DCGの動画を投稿しました。
その中で、いくつかの規約違反を行ってしまい動画の削除をしました。
そのことについてTwitterなどで謝罪をしましたが、どういった経緯で行ったのか、その後の心情の変化、今後のことについて公に説明をしていませんでした。この記事で説明させて頂きます。なお、当時はその場しのぎで書いてしまったところがあり、謝罪時と内容が異なる部分があります。

僕が行ってしまったのは以下のことです。
1. 他モデルへの流用禁止とReadMeに記載されたモデルの胴体を流用したモデルを作成し、そのモデルを自作と自称し動画で使用
2. 市販ゲームのデータから作成されたモデルをダウンロード、その髪を流用したモデルを作成(1.とは別のモデル)し、作成したモデルを動画で使用、および配布
3. 動画で1.のことを指摘された際に、すぐに動画を非公開にせずモデル製作者に使用の許可を求める
4. 動画の指摘するコメントを削除、また騒動に関する自分のツイートを削除

それぞれについて説明させて頂きます。


1.他モデルへの流用禁止とReadMeに記載されたモデルの胴体を流用したモデルを作成し、そのモデルを自作と自称し動画で使用

ぴくちぃ式ミクのReadMeをしっかり読まず流し読みをしており、「再配布できない」、「作品内でのみの改造は可能」という文言を読んだ時点で、利用規約には他モデルへの流用禁止と明記されているにもかかわらず、これは再配布さえしなければ、別モデルへの流用は可能なのだと自分勝手に解釈し、胴体をままま式ミクに流用してしまいました。
ご指摘いただいたとおり、他人が作った部品を組み合わせて作る電子工作のような考えから「改造=流用」という感覚に陥っており、自作という発言も、部品を組み合わせればこれは自分が作ったものだという感覚からのものでした。
自分のこのような一方的な考えで、MMDのルールやマナーを考えず、また他の方のモデルを使用したにもかかわらず、自作であると発言するなど、軽率な行動をしてしまい申し訳ありませんでした。元のモデルを作った方への感謝の気持ちがなかったと反省しています。


2.市販ゲームのデータから作成されたモデルをダウンロード、その髪を流用したモデルを作成(1.とは別のモデル)し、作成したモデルを動画で使用、および配布

1.とは別のモデルでも違反をしてしまいました。そのモデルに使用した髪データの流用元になったモデルはdeviantartの以下のページで配布されていたものでした。
http://lyannxxhm.deviantart.com/art/MMD-DT-Rin-Kagamine-283563009
このモデルはReadMeに「dreamy theater rin kagamine」と記載され、市販ゲームから作成されたデータだとわかるものでしたが、早く動画を完成させたいと考えダウンロードし、こちらはReadMeを全く読まず髪をままま式ミクに流用してしまいました。
制作当時は忙しく、なるべく短時間で効率良く作業をすることを考えており、見栄えの良いモデルから流用できれば良いという考えで行動していました。更に、作成したモデルはクリスマス服への改変をしていたのですが、ままま式のクリスマス服はないため、そのモデルを配布すれば需要があると思い配布をしてしまいました。
モデル使用のルールやマナー、著作権に対する意識が足らず、このような軽率な行動に及んでしまい、私が著作権を侵害したり、データをダウンロードした方々を著作権侵害(または著作権法違反)の危険にさらしてしまったことを反省しています。


3.動画で1.のことを指摘された際に、すぐに動画を非公開にせずモデル製作者に使用の許可を求める

ほかのモデラーさんが作ったものを使わせていただいているという意識が足りなかったため、ここまで重大なことだとは考えておらず、自分の動画を削除するのは勿体ないと思い、流用元となったモデル製作者のぴくちぃ様に許可を求めるツイートをしてしまいました。ぴくちぃ様には、その後謝罪のツイートを行いましたが、お返事を頂いていません。(他の連絡手段も無くコンタクトがとれず、ご本人は去年9月頃からツイッターをされていないため、本件を認識されているかどうか不明です。)
モデルを使わせていただきながら、利用規約を守らず、自分勝手な使い方をしてしまい、ぴくちぃ様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


4.動画の指摘するコメントを削除、また騒動に関する自分のツイートを削除

事を大きくしたくないという気持ちから動画の指摘コメントの削除、後に自分にとってネガティブな印象を残したくないという気持ちから自分の関連ツイートの削除という行動をとってしまいました。そのような行為はとても自分勝手で反省できておらず、ファンやモデラーの方々に対して誠実な対応ではありませんでした。


以上のような認識の甘さと、何より他の方が作られたものを借りて動画を作っているという自覚が足りなかったこと、自己中心的な考えでコメントやツイートの削除という軽率な行動をとってしまったことが、自分の反省しなければいけない事と考えています。

モデラーさんをはじめ、様々な方に不快な思いをさせてしまったこと、指摘されたものを削除するという不誠実な対応をしてしまったことを、深くお詫び申し上げます。 ならびに、ご指摘をいただいた際に、事態を深く理解せずにその場かぎりの謝罪と説明を行いましたこともお詫び申し上げます。

また、12月下旬に行われたタイトー商品紹介の生放送への出演をキャンセルしたのは本件が理由でした。楽しみにしてくださっていた方、申し訳ありませんでした。


僕は、大勢にみられているわけですが、部屋にこもって動画製作をしているとどうしてもそれが数字にしかみえず、動画製作を続けているうちに多くの人にみられているという実感が薄れていました。もしかしたら、本件に関係のない普段のツイートや動画等にも誰かを不快にさせるような内容が含まれていたかもしれません。

今後は多くの人にみられているという自覚をもち、ファンや動画に使う素材を提供してくださる方々の上で自分の活動が成り立っていることへの感謝をし、僭越ながら皆さんに楽しんで頂けるものを作るために活動を続けさせて頂きたいと思っております。特にMMDerの皆さんにご迷惑をおかけしてしまったので、当分はMMDを主に使用した動画製作は行いません。技術系で活動を続けさせて頂ければと思っております。

2015年3月 回路師


にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

iPhone 4Sのバッテリー容量を2倍に増設してみた

3年近く使ったiPhone 4S
iPhone 6にかえてもいいけど、困ってることといったらバッテリーの劣化くらいで特にかえる理由もないので現行の4Sを改造しました。


普通にamazonとかに売ってる交換用バッテリーに交換するのもいいけど
旅行等でガンガン使うと一日持ちそうにないので、容量を2倍にしてみます。
外付け充電池とか持ち歩くのも充電するのも面倒なのでiPhoneのバッテリー直接増設します。


交換用バッテリーを2個購入


回路を取り出してバッテリーの生足を拝借します。
ちょっと記憶が曖昧なので写真のプラスマイナスは逆かもしれません。
足先の回路は定電圧生成、温度検知、残量計測とかやっていると思われます。



2個のバッテリーを重ねて足を並列につなぎます。
これで容量が2倍になります。




電池の並列で容量2倍は誰でもわかるとおもいます。
充電率の違う電池を2つ並列にすると高い方から低い方へ充電されて安定します。
新品のバッテリー同士ならいいですが、片方が古かったり、種類が違ったりすると安定せずに、壊れるらしいので注意が必要です。


やってるが人いないのでググってもでてきませんが、なにもしなくてもiPhoneの電池残量の表示は2倍に補正されるはずです。
もとが100%→1.4mAh 50%→0.7mAhなら
勝手に100%→2.8mAh 50%→1.4mAhになるはずです。
こういう製品は電圧値で残量測定しているものが多いです。
iPhoneもそうであると仮定すれば、並列にしても充電率と電圧の関係は変わらないためいけるはずです・・・!


動くか確認。オッケーです。



本体に収めますが、厚さ2倍になってるので飛び出ちゃいます(笑)



iPhoneケースならぬ、iPhone本体のケースを作ります。
設計、オシャンティな感じで模様つけます、りんごも忘れずにね。



3Dプリンタで印刷




塗装


合体!完成でーす!!



やや厚くなりましたがポケットに十分入るし問題なし



動作テスト
新品のバッテリー1つと比較したかったんですけど、テストするまえに作ってしまって手元にないので、とりあえず可動時間だけ測ります。


ニコニコ動画でデータ通信しながら動画の連続再生をさせます。結構消耗が激しいのでこれでしばらく持てば良いとしましょうw



結果です。


うんうん。うん?w
4時間再生し続けた辺りでも凄いと思ったんですけど、最後1%の表示で4時間再生し続けました。計8時間です。
たぶんバッテリー1個でやると4時間のところが引き伸ばされたのだと思います。
なるほど、残量の表示が2倍にならなかったんですね・・・w
1%になったらいつ切れるかわからないのは嫌だなあw


ひとまず、これだけの環境で8時間使えれば、普段の使用では相当もってくれるとおもわれます。


表示がおかしいのはiOSをいじればどうにかなるかもしれません。
どうも、ググった感じ電流値を積分して%に反映する計算をしてるようなので
計算式の全体容量を2倍に書き換えてやる必要がありそうです。


以上、iPhone 4Sのバッテリー容量を2倍に増設してみたでした(笑)

よろしければフォローお願いします
https://twitter.com/kairoshi

これまでの回路師の製作物


回路師のコミュニティ 作業配信やってます




にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

全力でスイッチをONするとOFFするロボットの映像制作を解説してみた

久しぶりの記事になります。
最近、DMM.makeで月2本くらいものづくり系の記事を連載させてもらっています。
今月は2年前に投稿した『全力でスイッチをONするとOFFするロボットと戦ってみた』


に登場する『二号機』についてマシンと映像技術を解説しました。

マシンについては、顔の表示や駆動技術に関して解りやすく書きました。
https://media.dmm-make.com/item/1859/
64a081d0eee44ddca2da749aba32dc56234bf80e.jpg


映像については、基本的な動画の作り方や火花が散るシーンをどうやって作ったかを書きました。
https://media.dmm-make.com/item/1861/
ダウンロード

映像制作の参考にして頂けると幸いです。





にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

全力でスイッチをONするとOFFするロボットの作り方を紹介します(前編)

3年前にYoutubeとニコニコ動画に投稿し、現在までに600万再生、TVや雑誌等のメディアでも見かけた方がいらっしゃると思います、全力でスイッチをONするとOFFするロボット、通称『全自動引きこもり機』



結構な頻度で作り方を聞かれていたのですが、今まで詳細を明らかにしていませんでした。
今回はDMM.makeでその作り方を二回に分けて紹介させていただきます。

全力でスイッチをONするとOFFするロボットをつくってみた(前編)
https://media.dmm-make.com/item/1499/


後編は今月中旬に公開予定です。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

全自動起き上がりベッド作ってみる-その3-製作と動作確認-

先週作り始めた全自動起き上がりベッド製作続きです。


前回、荷重に耐えられない問題があったので、青のフレーム以外ほとんど作り直します。
まず、設計図の赤い部品を作ります。
ここにかかる力は推定30kg、キャスターで上手く地面に逃がします。





そのままだとキャスターでフローリングが凹みかねないので下に板を敷きます。


また、本体でフローリングに傷がつくとよくないので、ゴムの足も付けます。




木で軸のねじを支えるのは摩擦が大きいので、鉄板で金属の軸受けを作ります。



こんな感じになりました。
キャスターで全荷重を地面に逃がしつつ板で床への力を分散させ、また、軸のねじの回転による摩擦を鉄板で抑えています。


次は、設計図の緑の持ち上がる部分を作ります。


腰の可動部として蝶番を付けます。


外側の枠を付けます。


内側の稼働部品も作って付けます。
ねじが多いのでちょっと作るのに苦労しました。




先ほど作ったキャスターの部品と繋げます。


軸のねじですが、ベッドが持ち上がるときに進行方向に猛烈に負荷(30kg)がかかるので、スラスト軸受けを挟んで支えてやります。


スラスト軸受けは軸の垂直方向の力を支えるベアリングです。



ナイロンナット(ロックナット)と鉄板の間に挟むように入れます。
これでねじの進行方向(画像だと左方向)にかかる力を支えます。


今回は試験的にハンドドリルでねじを回します。
こいつのトルクは100kg/cmほどあるので行けると思います。


結果、20kgのボール盤を持ち上げることができました(笑)


ただ、ちょっと問題がみつかりました。
ベッドが持ち上がるとき、赤丸の部品に横方向の力(赤矢印)がかかるのですが、これが青丸の部品の回転する力(青矢印)になり、最終的に黄色のねじに対して下向きの力(黄矢印)になります。
ねじは簡単にたわむので、これだと力が逃げてしまいベッドが持ち上がりません、最悪ねじが曲がって壊れます。


この力を地面に逃がすために補助キャスターを付けます。
電気のアースと同じで力学も地面に力を逃がすのが大事です。



ガチガチに留めすぎですが良いサイズの金具が売ってなかったで妥協しました(笑)


とりあえずこれでオッケーだと思いたいです。


天板を付けて実際に寝てみて起き上がるが試します。
夏場は湿気で布団やベッドが傷むので、通気性を考えて穴が沢山ある板をチョイスしました。
これは壁材でよく学校の音楽室とかに使われてるやつですね(笑)
カットはホームセンターでやってもらいました。


自転車での運び方をちょっと迷いましたが、ハンドルに引っ掛けて普通に運転して持ち帰りました。


固定してっと・・・






動作結果↓↓↓↓↓

・・・・・

・・・・

・・・

・・



65kgの僕の上半身(30kg以上)が上がりました!よっしゃ!!!(笑)
どうでもいいけど股間に電動ドライバが当たって凄く痛いです・・・!


今は壁のコンセントが引っかかりここまでですが、最高でこのくらい上がる予定です。


これと全自動ウィンドウ&カーテンや朝食マシンを組み合わせれば、朝起こしてくれる嫁なんか必要ありませんね!(笑)

あとは、残る天板をつけてモータと回路の製作です。
また今週末にできたらいいなと思います。

でわでわ~^^ノ


にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味の工作へ にほんブログ村 その他趣味ブログ ビデオ撮影・編集へ

プロフィール

回路師

Author:回路師
趣味がロボットと動画製作です。
便利な機械やあほなマシンの動画を投稿しています.

最新記事
最新コメント
カテゴリ
電子工作キット








月別アーカイブ
書籍






Twitter
リンク
RSSリンクの表示
ソーシャル

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。